最近の高校生はパソコンを欲しいと思わないらしい

「スマホネイティブ」という言葉があったりしますが、きっとこういう世代とはいろいろと価値観が違っているのかもなと思ったりすることがあります。
先日、ネットで見かけた記事なのですが、最近の高校生は、パソコンに対する興味が薄くなっているらしいです。
現在では、スマホでネットや動画を見たりするのは当たり前になっています。
それに加えて、スマホやタブレットの方が、パソコンよりも持ち運びに優れていて、簡単に扱えるということもあるようです。
私が学生の頃は、自分のパソコンというものに対して憧れが強かったと思います。
でも、今となっては、高校生や若い世代が「パソコンでしかできないこと」を見つけるほうが、大変なのかもしれないなと思いました。
確かにパソコンでなければできないということはかなり減っているし、他に代替する手段がないというわけではありません。
でも、やはりまだパソコンの方が便利だと感じることは多いし、大学生や社会人になってなら使うこともあるでしょう。
スマホやアプリはどんどん便利になっていますが、まだまだパソコンが淘汰されるような時代は先になるのではないかと思っています。

最近の高校生はパソコンを欲しいと思わないらしい